開運! ぢぃちゃんのおすすめ

商品、スポット、食べ物など節操もなくだらだらと紹介をします

伊勢神宮で御垣内参拝をさせて頂きました。荘厳な雰囲気の中、身を引き締められました。

time 2014/11/05

一礼をし、一段と大きくなった玉砂利で不安定な足元を心配しながら神官の後ろをついていく。神官の足元は私たち以上に不安定な浅沓と呼ばれるぽっくりの様な履物で少し心配になってしまった。

sponsored link

御垣内参拝とは

お伊勢参りに行くことになり、友人などに色々な話を聞いてみました。
おかげ横丁、赤福、外宮、内宮、近鉄特急、伊勢湾フェリー、などの情報を頂きました。

その中でもヒトキワ興味をもったのは、特別なエリアで参拝をさせて頂ける御垣内参拝というものです。
せっかく行くのですから、この御垣内参拝をさせて頂こうと思います。
聞いた話とネットで少し調べたら、ポイントは2つ!

相応の服装

神聖なお詣りに適した服装が必要だそうです。
男性は黒か紺の濃い色のスーツであれば間違いありませんが、明るい色は避けたほうが無難だと思います。
女性はスーツが基本みたいですが、今回かみさんは茶系のワンピース(華美でないもの)でお詣りさせて頂きました。
以下の様なガイドラインがあるようです

参拝者の服装は礼服が望ましいが、敬意を失しない程度の平常服(男子の背広、女子のこれに相当するもの等)は許可する
但し、この場合、男子は背広、ネクタイを着用し、女子はこれに準じた服装を整えること
”特別参拝要項より”

参拝資格を証する会員章、参宮章が必要

これを得るためには、様々な方法が有るようです。
今回は伊勢神宮への寄付という方法を利用をさせていただきました。

寄付の方法

寄付の方法は、神宮内のおみくじやお守りを売っているところの一部に神楽・御饌の受付場所があります。
そこで造営資金の寄付を願い出ます。
用紙を記入して寄付をさせていただきます。
IMG_0192
寄付の証明を頂きました、この時に説明をしていただくのでよく聞きましょう!

御垣内参拝

寄付の後、正宮に向かいます。
このこの鳥居の奥が正宮です
IMG_0141
鳥居から先は撮影禁止!
IMG_0140
正面は布が下がっていて奥が見えません
この時点では知りませんでしたが、御垣内参拝はこの柵の中に入ってお詣りができるんです!
この写真は外宮の正宮ですが、内宮でも要領は同じです。

受け付け

鳥居を入って左側にある建物で先ほど頂いた特別参宮章を提示します。
指示に従って、県名・氏名を記入します。

御祓い

棚に荷物を置いて神官のお祓いを受けます。

参拝

今回は私達の他に3名、計5名での参拝になります。
神官の後に一列になって玉砂利の中を進みます。
垣根の内側に入ると、玉砂利も10センチ程になりかなり歩きにくくなります。
haichi
白い玉砂利部分に横一列に並び参拝します。
その後垣根の外側に戻り参拝は終了です。

内宮での参拝では

内宮は外宮よりも全体的に参拝客が多い感じです。
御垣内参拝をする方も多かったのですが、時間的に私達2人だけでの参拝となりました。
見ている方が多数いらっしゃり、かなり緊張しましたが無事に参拝することが出来ました。

参拝を終えて

神官の後ろを歩いているうちに、だんだんと神聖な気持ちになって行くのがわかります。
参拝が終わり神官からねぎらいの言葉を頂いた時には心が洗われ思いでした。
別々に寄付が必要と思っていて金額を抑えていたのですが、一度の寄付で外宮・内宮の特別参拝が可能なのでもう少し多めに寄付をすれば良かったと後悔しました。
IMG_0193
その他にもこの特別参宮章があれば、神宮徴古館、神宮農業館、神宮美術館の閲覧をする事もできます。
次回は時間を作ってこちらも見てみたいと思います。

これから伊勢に行く方に

特別な体験ができる御垣内参拝、せっかくのお伊勢参りですからあなたも経験して見てください!
スーツ・ネクタイをお忘れなく
神宮内はかなり歩きます、かみさんは靴ずれで苦労してしまいました。
参拝時に荷物を置く場所があるので、直前に靴を履き替えるのもアリだと思います。

お伊勢参りの記事

今回の旅行での記事です。ぜひ見て下さいね!
お伊勢参りに行く前にYahoo!知恵袋で教えてもらったうなぎ屋さんに行ってみたら、手頃で美味しかった!!
伊勢湾フェリーを使ってみた、時間はたいして変わらないけど運転手さんは一休みできるぞ!
超おすすめ!伊勢湾フェリーの特別室は、たった330円で特別な景色と開放感を味わわせてくれた!!
伊勢神宮で御垣内参拝をさせて頂きました。荘厳な雰囲気の中、身を引き締められました。
・アルティア鳥羽は景色のいいおしゃれなホテル
・湯治におすすめ!畑毛温泉の大仙家にまた行ってきた。ぬるゆなのにポッカポカ!
・畑毛温泉から頂上まで30分、富士山がバッチリ見える大仙山に登ったよ!

他にもいろいろな記事をご用意しております。
ぜひご覧ください!!

sponsored link

コメント

  • 靴の履き替えなど自分も考えていましたが、
    あなたは訪問先の敷地内で靴や服を着替えるのか?!
    と伊勢神宮の方に言われて納得しました。
    とは言ってもあれだけ広大な土地ですしね。悩ましいです。

    by 匿名 €2015/07/05 02:25

  • 匿名さん、コメントありがとうございます。
    そういう事があったのですか!確かにお邪魔してそのお宅で着替えるというのは失礼かもしれませんね。
    でもお伊勢参りの想い出が靴擦れでは寂しいです。神官の目の前ではなく宮に入る前にちょっと履き替えるのなら許してもらえるのではないでしょうか?
    せっかく行くのですから、厳かな中にも楽しい想い出にしたいですネ(^^)/

    by ぢぃちゃん €2015/07/05 10:50

down

コメントする







なかのひと

ぢぃちゃん

ぢぃちゃん

何にでも興味をもつぢぃちゃんです。 人生は短い、いろんな事を経験しよう!