ぢぃちゃんのおすすめ

商品、スポット、食べ物など節操もなくだらだらと紹介をします

初心者のBTOパソコン購入入門!! 初めてBTOパソコンを買った! 前編

calendar

2ヶ月ほど前にメルカリで格安のゲーミングPCを買いました。
まごつかないのに感動してマイクラをやっていました。

グラボは付いているのですが、CPUが非力のため他の作業が捗りません。
安物買いの銭失いなのか?授業料なのか?

MacBook Air がメルカリで売れたので、ゲームも作業も楽しめるPCを買うことにしました。

スポンサーリンク

高性能PC

今までは動けばいい程度で選んでいたので、ここ数年は5万円以下のPCしか買っていませんでした。

最近では少しゲームをすることもあって、ある程度のスペックのものを買うことにしました。
BTO(Build to Order)パソコンを初めて買ってみようと思います。

BTOパソコンは選択肢が多く欲張れば値段はどーんと跳ね上がってしまいます。
では主要なパーツから考えてみましょう。

CPUはcore i5かcore i7

CPUは現行型にします。
ゲームが視野に入っているのでcore i3は除外しました。

core i7はオーバースペックという声もありますが価格差が1万円程度、この価格差を大きく見るか小さく見るかですよね。
core i5にした分SSDやメモリーに予算を振るという考えもありますよね。

ぢぃちゃんチョイスは、core i5 7600かcore i7 7700

グラボはGTX 10×0シリーズ

グラフィックボードは普通の使用では必要ありませんが、ゲームや動画編集、画像編集をする場合は効果を発揮します。
1050、1060、1070、1080というシリーズがあります。
数字が大きいほど高性能になります。

この数字はグラフィックボードに搭載されているチップの種類で、各メーカーがこれらの石を使いグラフィックボードを作っています。
価格は下から大まかに、15,000円、25,000円、45,000円、70,000円ぐらいからとなりかなり価格差がありますね。

ぢぃちゃんチョイスは、GTX 1060使用のグラボにします。

SSD & HDD

SSD(solid state drive)とHDD(hard disk drive)は、パソコンの記憶媒体で大きいにこしたことはありません。
HDDは大容量が安いけど読み込み書き込み速度が遅い(じゅうぶん速いけどね)
SSDは速度がバカ速いけど高価、最近は耐久性も特に問題なし。

SSDとHDDを両方入れて、システムやプログラムファイルをSSD、データをHDDという使い方が最近では多いようです。

ぢぃちゃんチョイスは、SSDオンリー!!
240GBのSSDにして、必要であればあとからHDDを追加しようと思います。
コストコで安く買ってきた、外付けの2GBのHDDがあるのでそれを利用

メモリ

メモリもあるにこしたことはありませんが、価格との兼ね合いで8GBか16GBかな?

だいたいこんな感じで選んでみたいと思います。

スポンサーリンク

ショップを選び

パット頭に浮かぶのが、ドスパラ、Mouse、DELL
その他にもたくさんあるので、検索してみました。

今回選んだのがパソコンショップSEVEN
特に根拠はなかったのですが、「BTO 最安」の検索で出てきたのがここでした。

実際今までの中で一番安かったです。

長くなってしまったので、以下は後編に
さてどんなPCに仕上がるのでしょうか?

後編をお楽しみに!!

他にもいろいろな記事をご用意しております。
ぜひご覧ください!!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す