キリ、くも、雲海ってどこが違うかわかる?

数日前、出勤が早かったので 4:45に出発するために玄関を出ると、目の前真っ白!

さてこれは、キリ、くも、雲海?
それとも、かすみ、モヤ?

結論、全て同じものです

同じものと言うか、全ては水蒸気が冷やされて水や氷のカタマリとなって目に見えているんです。

カタマリというと重くて下に落ちそうですが、空気より軽いので浮いています。
実際に飲んだりする水やかき氷の氷とはちょっと違うんですね。

見る位置によって呼び方が変わる

かすみ、モヤはきりの仲間だそうなので、くもキリ雲海の3つの違いを勉強しましょう。

以下のような考えで覚えておきましょう

  • くも 自分よりも上にある
  • キリ 自分はその中にいる
  • 雲海 自分はそれを見下ろしている

以上が3つの区別になります。
これは後出する、北海道津別町でネイチャーガイドをしてらっしゃる、上野真司さんの受け売りです(^^)

ちょっと違うよ!
とか言われちゃったりして……

飛行機で、くも、キリ、雲海を体験?

飛行機でだんだんと高度を上げていくと、はるか上空にあったくもを突き抜けて上に出ると、そこには雲海が広がっていますよね。

ということは、くもの中を上昇中の時は、まわりはキリということで良いのかな?

次回上野さんにあった時に聞いてみたいと思います。

津別峠での雲海体験

ぢぃちゃん、ちょっとしたご縁があり2015年から津別町を3回訪れていて、津別峠の雲海ツアーにも毎回参加しています。

2015年は2日間行ったのですが、どちらもピーカン!
見渡す限りくもがないという、それはそれで超珍しい体験でした。

2回めの2016年は、連続の台風で北海道が大変なことになっている中行ってきました。
このときは、くもと雲海のサンドイッチの具になることができました(^o^)

3回目の今年は、一面雲海なのですが屈斜路湖の上にだけくもがないというこれまた貴重な体験をしました。

ノンノの森ネイチャーセンター

雲海ツアーや、夜空の星を楽しむ宇宙ツアーを行っているノンノの森ネイチャーセンターには、自然を楽しみ勉強できる教材がいっぱい!

自然というよりも、地球いや宇宙を楽しめます。

参考 ホームページノンノの森ネイチャーセンター

普段の暮らしを忘れてのんびりしに行くには最高ですよ(^o^)

非公認津別町観光大使

ぢぃちゃん達数人は津別町の観光大使(ふなっしー絡みなので非公認です)なので、これからも津別町の素敵なところを発信していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください