ディズニーはなぜ転売ヤーを野放しにしているのだろうか?

新店が開店するたびに転売ヤーが押し寄せて大騒ぎ&トラブルが起きる中国

その血を引いた者たちがディズニーシー、ディズニーランドなどの商品を大量購入してメルカリやヤフオクで暴利を得ているのをご存じだろうか?

転売しているのは中国人だけではないが、この様な状況を見て見ぬふりをしているディズニーいやオリエンタルランドは何を思っているのだろうか?

アメリカでは年パスのはく奪も!

日本とは年パス(年間パスポート)の規約が違うのかもしれませんが、アメリカのディズニーランドでは商品の転売をしているゲストの年パスを無効にするという措置が取られました。

調べてみると、商品を割引きで買えるプレミアムのついた年パスもあるようで、今回はく奪された方は、そのクラスの年パス所持者だったようです。

転売目的の商品とは?

イベントグッズやディズニーシーでのみ販売しているダッフィーファミリーの商品が対象になることが多いようです。

メルカリやヤフオクなどを見てみるとたくさんの商品が出ています。
良心的???な値段のものから結構強気な値段設定のものまで様々です。

ハロウィンのカチューシャはニュースなどにもでていたので、ご覧になった方も多いと思います。

1,800円の価格のものが1万円オーバーで出品されていたものもありました。

やはり季節限定商品などがターゲットになるようですね。

どんな人が買うの?

買う人がいるから商売が成り立つわけで、実際に高い値段でも欲しいという人が存在するわけですよね?

グッズは欲しいけどパークに行って入園料払ってまでは欲しくない。
そうだメルカリ見てみよ!!

キャバクラで「これが欲しい!!」と言われたら、鼻の下を伸ばしたおぢさんが買っちゃうのかな?
複数の客におねだりしたおねいちゃんも何個も要らないからメルカリに出しちゃったりして?

ディズニーのメリットデメリット

この転売によってディズニー(オリエンタルランド)にはどのような損得が得られるのでしょうか?

メリット

  • 品薄状態にすることにより購入意欲をあおり、商品価値を高める
  • メディアに取り上げられる(良くも悪くも)
  • 増産再販した時の売れ残りを減らせる

デメリット

  • 来園して純粋に欲しがっているゲストに提供できない
  • 転売に対する対策に不満

ディズニーにとっては大したデメリットはなさそうですね
批判は転売ヤーにいくでしょう。

個数制限程度しか対策が取れないのが現状でしょうし、それでメディアに対しての十分な言い訳になるでしょう。

ぢぃちゃんの提案 通販を始めては?

ディズニーはグッズの通販サイトを始めたら良いと思います。
現在はインパークした人だけ使える通販サイトがありますが、誰でも使えるようにすればわざわざ高いものを転売屋さんから買う必要がなくなるのでは?

ディズニーとしては、来園しないと買えないグッズということで商品価値を高め、パークに来てもらうための手段なのでしょうが、いまさらグッズが欲しいためだけにパークに来るでしょうか?

逆にグッズは行く前に準備しておいて、当日はめちゃ遊ぶ方が楽しいのではないでしょうか?

お店で売れなくなる!
と心配するかもしれませんが、その分通販サイトで売れているから良いのでは?
コストもサイトの方がかからないでしょうし

ということでディズニーさん転売やさん対策をよろしくお願いいたしますm(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください