IKEAのもみの木購入から飾りつけ前までの完全ガイド

11月21日 IKEAのもみの木発売日です。
年末年始を一緒に過ごすパートナーであるもみの木を買いに行きましょう!

なぜ生のもみの木?

ぢぃちゃんなりにおすすめのポイントを!

  • なんとなくオシャレ
  • 家に入るといい匂い
  • リサイクルで地球にやさしい
  • 少し自慢できる( ;∀;)

生のもみの木でクリスマスツリーという素晴らしい体験をあなたも味わってみませんか?
家に帰った時のいい匂い、ビニール製では味わえない特別の年末年始にしましょう。

イケアショップでの購入方法

残念ながらイケアのWebショップでは販売していないので、お店に行ける人限定になってしまいます。

レジで購入

まずはレジに行ってお金を払います、今年2019年は2,999円
年が明けて、もみの木を返しに行くと1,500円分のクーポンがいただけます。

実質1,500円ほどで、利用できます。
以前は全額返金だったのが申し訳ないくらいです。

もみの木を選ぼう

ドーン!と置かれた中から、今年のパートナーを選び出します。

今年は枝ぶりの良いものが多かったです。
イケアの方が言うには、少し離れたところから見ると良いそうですよ。

Point
持っていくと役に立つもの
・軍手(ゴム引きがおすすめ)
・はさみ

ぢぃちゃんちはこの子に決めました。

背は低めでボリューミー!
下の方を少し剪定して、形を整えるつもりです。

ちょっとしたコツでラクラク梱包

枝が広がっているので、梱包するのはくろうします。
ぢぃちゃんが長年の経験で得た技をあなただけにお教えしましょう!

STEP.1
台に寝せる
販売所内にある作業台に寝せます
STEP.2
ひもを下の部分に結ぶ
根っこ?の部分に用意されているひもを縛り付けます
STEP.3
ぐるぐる巻く
木を回して枝をしめ込むように上の方までひもを巻き、最後は縛って止めます
STEP.4
新聞紙を巻いてガムテ
用意されている新聞紙で巻いて、ガムテープで止めます

こんな感じでやると、簡単にもみの木ミイラが完成します。

周りの人を殴らないように、気を付けて家まで持ち帰りましょう。

家に着いたらすること

もみの木は寒いところを好みます。
いきなり部屋に入れて暖かいところに置くとクリスマスまでに弱ってしまいます。

飾りつけするまでは、できるだけ屋外の涼しいところに置いておくことをお勧めします。

ベースにセット

初めての方はベースを用意してください。
直接庭に埋める方には必要ありませんが、お部屋の中に置く場合はこれを使いましょう。
イケアで2,000円で販売されています。

足は6本用意されていますが、半分の3本でも倒れることはありません。

今回の木は背が低いので、部屋の中でベースにセットしました。

飾りつけまで外で養生

ベランダに出して縛っていたひもを切ります。

下の方にボリュームがありすぎるようなので、後日剪定しようと思います。

たっぷり水をあげて、涼しいところで元気を取り戻してもらいましょう。
この時に栄養剤などを入れてあげるのも良いでしょう。

飾りつけ

この状態で少し放置して、元気になってから飾りつけです。
わが家では12月に入ってから飾りつけ、どんな感じにするのか考えるのも楽しいですね。

数日で、葉っぱが元気になっているのがよくわかりますよ(^^)/
これから過酷な日々が続きますので、ゆっくり休ませてあげましょう。

いかがでしたか?

2012年からもみの木を利用している、ベテランぢぃちゃんです 。
わからないことは遠慮なくメール、コメントなどいただけたらと思います。

ぜひこの機会に、生のもみの木で素敵なクリスマスを迎えませんか?

他にもいろいろな記事をご用意しております。
ぜひご覧ください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください