UdemyでAffinityDesignerをマスターした! わかりやすいビデオ学習

Udemy(ユーデミー)でやっと、Affinityシリーズの日本語講座が始まりましたので、早速受講しました。

Affinity Designer(アフィニティデザイナー)の使い方〜基本編

2.5時間の短いコースですが、基本の基本を勉強するにはばっちりでした。

Affinity Designerの基本がわかる

Affinity Designerは直感的でわかりやすいアプリケーションなのですが、クセがあって取っつきにくい部分もあります。

というわけで、この講座はとても役にたちました。
最近使っているのはAffinityPhotoの方なんですが、基本は同じなのである程度共通に勉強ができます。

唯一Photoの方になかったのは、パスに沿ってテキストを並べる。
この部分だけはAffinityDesigner で作業をするようにすれば解決です。

アプリケーションを使いながらお勉強

ぢぃちゃんのPCは生意気にディスプレイが3枚並んでいますので、講座を映しながら別のディスプレイで実際にAffinityDesignerで確認しながらできました。

Udemy(ユーデミー)はスマホアプリもあるので、スマホやタブレットで見ながらPCで動作を確認することもできます。

全行程を無事に終了し修了証書もいただきました。
こちらでは、受講料24,000円になっていますが、ブラックフライデーのキャンペーンで1,200円で受講できました。

ありとあらゆる講座がそろっているUdemy

Affinityはまだ講座数が少なく、日本語の講座はこれ一本のみです。

プログラミング言語からアプリの使用方法、またHow toもの、彼女の作り方など数千の講座があります。

まずは登録してみましょう。
結構キャンペーンをやるので、その時に安く講座を購入することができます。

講師にもなれるよ!

得意な分野がある方は、講師となって講座を販売することも可能です。
教えたいけどビデオが作れない!という方はぢぃちゃんが編集しますので、一緒に組みませんか?

というわけで、独学にはUdemyの講座を利用しましょう!!

他にもいろいろな記事をご用意しております。
ぜひご覧ください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください