船橋大神宮にある灯明台がお正月の3日間だけ特別公開

お正月の二日酔い、何とか午前中に大神宮に初詣に出発できた。

今年のお正月は大晦日の夜の強風と打って変わり、とても穏やかな三が日となりました。

本年がみんなにとって穏やかで良い年になると良いですね。

初詣でをあきらめて、横から境内へ

大神宮が見えてくると横断歩道の信号を待っている人がたくさんいます。
信号が変わっても歩き出さないからおかしいなと思ったら、なんと大神宮に初詣でに来た人が参道から折り返して並んでいるではありませんか(^▽^;)

とりあえず本殿のお参りはあきらめて、右側の道路から境内に入ってみましょう!

笛・太鼓の音につられていくと境内の舞台では神楽が行われていました

参道にはたくさんの方が並んでいます。
二日酔いでの参戦は早々にあきらめて正解でした。

三が日の間だけ一般公開

灯明台に人影が、そういえば以前にも見学したことがあります。
ふもとまで行ってみましょう!

せっかくなので中を見せていただきましょう(^_-)-☆

丘の上に立つ灯台 今は海から2㎞以上離れてる

今では海まで2km以上ありますが、ぢぃちゃんの微かな記憶では14号線の先は海だったような……?

つくりは3階建て、ここの2階まで上がらせていただきました。

1階 斜めの柱が4隅に

丸柱が4隅にあり2階までの通し柱になっています。

木彫りの像が2体、かなり細かい細工がされています。

2階 境内が見下ろせる

傾斜に合わせて斜めになった窓から下を覗いてみると、境内の屋台のにぎやかなところが見えます。

天井の穴から上を覗くと、灯台の肝心な部分が見えますが、レンズ等はなく碍子が目立ちます。

木材はすごくきれいです。
補修されているのかな?

確か何年か前に見た時は、古いポスターが貼ってあったのですが、今回は見当たりませんでした。

船橋名物? 三番瀬鍋

名物かどうかは知りませんが、ホンビノス貝のスープをいただきました。
先日のタリーズの福袋同様、我々の後ろでスープ沸かし直しの為にラインカット!

今年は滑り込みセーフの運勢なのかな?

大きなホンビノス貝がふたつ、しっかりダシの取れたおいしい三番瀬鍋でした。

今年も楽しく健康で過ごせますように(^_-)-☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください