ワラにすがったって良いじゃないか!

がんと戦って勝つために

がんにとっての東洋医学は民間療法なの?

isck

がんの治療中に鍼や灸、漢方の治療を受けようとすると、基本的には煙たがられます。抗がん剤や放射線治療の邪魔になってしまうのでしょうか?

煙たがられる東洋医学

なぜ東洋医学がきらわれるのでしょうか?
ぼくが思うには、病気を治すための方向性の違いが大きいと思います。

しかしこれは、個々の先生がたの考えも違うでしょうし、病院の方針でそうせざる先生もいらっしゃると思います。
あくまでもぼくの個人的な考えとして見ていただければ幸いです。

病気を治すための方向性の違い

方向性の違いとはどういうことなのでしょうか?
以下の部分が決定的に違うと思われます。

がんの場合はこんな感じになりますね

西洋医学の方向性

がん細胞自体にアクセスし、元を取り去ることを目指す

  • 手術で取り除く
  • 抗がん剤で全体を弱らせる
  • 放射線でがん自体を縮小化

東洋医学の方向性

身体を本来の姿にし、自己免疫力を利用しがんを弱らせる

  • 漢方薬で身体を整える
  • 鍼治療で身体を整える

民間療法

西洋医学や東洋医学以外にも民間療法という分野があります。

これはピンからキリまで、信用できるものから、眉唾ものまで数え切れないほどあります。

このブログでは、わらをもすがるという観点から、民間療法をどんどん取り上げてみたいと思います。

この記事を書いた人
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。